MENU

太陽光発電Q&A

太陽光発電販売・取り付けに関するよくある質問

余った電気は、本当に売れるの?
晴れた日の日中は、使用量以上に発電をすることが出来ますので、余った電気は売ること(売電)ができます。
太陽光発電を導入すれば、電力会社に電気代を支払わなくてもよいの?
発電量の少ない日(曇り・雨・雪の日など)や夜間は従来通り電力会社の電気に頼らざるを得ないので、電力会社に電気代を支払わなくてもよくなるわけではありません。
売った電気(売電)の代金はどのように支払われますか?
売電の入金は、電力会社から銀行振り込みにて行われます。ちなみにですが、買電と売電は相殺されませんので、個別に扱われます。
「再エネ賦課金」ってなんですか?
電力の買取に要した費用を「再生可能エネルギー発電促進賦課金」として、月々の電気料金の一部としてすべてのお客様にご負担をいただくものになります。金額は電気のご使用量に応じて算出されます。
「変換効率」とはなんですか?
太陽光をどのくらい電力に変換できるのかを表した数値になります。
限られたスペースに同じ大きさの太陽電池モジュールを設置した場合、変換効率の値が高いほど、効率よく発電していることになります。
取り付け工事にはどのくらいの日数がかかりますか?
屋根の形状や材質によって多少変わってきますが、基本的に2〜3日あれば取り付け可能です。
ただし、取り付け工事(屋根工事)とは別に屋内工事(パワーコンディショナ取付け・配線工事など)が必要になってきます。
設置に適した方角や角度はありますか?
やはり、日当りのよい南側の屋根が一番おすすめで、角度については30°前後が効率的です。
次に東側・西側の屋根となりますが、南側の屋根に設置した場合の発電量を100%とすると、およそ85%となります。
北側に関しては、発電量が大きく低下するばかりではなく、太陽電池モジュールの反射光の角度によって、近隣住宅の窓に差し込む可能性もあり、おすすめはできません。
設置後の掃除や点検はどうすればよいですか?
太陽電池モジュールに付着した汚れや埃は雨風によってほとんどが流されるため、特に掃除の必要はございません。
ただし、鳥の糞や落ち葉等が大量に積もった場合は、発電効率に影響してきますので取り除く必要がございます。
そのような状況を確認するためにも定期的な点検は行った方がよいため、ご相談ください。
曇りや雨の日、雪の日は発電しないのですか?
太陽が出ていれば発電しますが、やはり発電量は少なくなります。
曇りの日は晴天時に比べ 1/3 〜 1/10、雨の日は 1/5 〜 1/20 ほどの発電量になります。
ちなみに雪の日は、太陽電池モジュールに雪が積もっている場合はほとんど発電しません。
季節によって発電量に差はありますか?
太陽光発電システムは、気温と日射量に左右されるため、気温が低く、日射量の多い春・秋に発電量が増えます。
夏は一見発電量が増えると思われがちですが、気温が高すぎるため効率が低下する場合があります。
冬は気温が低く、日射量・日照時間が少ないため効率が下がります。
停電したときはどうなりますか?
停電時には自動的に運転を停止しますが、手動で自立運転に切り替えることによって電気を使うことができます。
  • お問い合わせ
  • お見積り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Fujiservice Co., Ltd. All Right Reserved.