MENU

導入スケジュール

太陽光発電システムを設置するまでのスケジュール

太陽光発電システムは、環境にもお財布にも優しい暮らしができるのが魅力ですが、では実際に設置して運転開始をするまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

導入を検討してから、施工業者選びや補助金申請など(地域によっては制度がないケースもございます)いくつかやるべき事がございます。

そこで、一般的な運転開始までの流れを順を追って解説致します。

導入スケジュール図

施工業者選び

工業者選び図先ず最初に行うのが施工業者を選んで見積もりを取ること。これは 数日 かかるとしましょう。

選ぶポイントとして、親切・丁寧に説明をしてくれるかどうかという点と、確かな施工実積があるかどうかという点です。

普段から付き合いのある施工業者がいれば、そちらにお願いをするということが確実かもしれませんが、最近ではホームページでどのような業者かを確認する事も出来ますので、しっかりと分かりやすく解説をしていて施工実積をしっかりと載せているような業者ですと、判断しやすいかもしれません。

1点、重要な事としては 1社のみでやり取りをするのではなく、複数社に話しを聞いてみたり見積もりを依頼して、比較をする事が大切です。

詳しくは関連ページ「良い施工業者の選び方」をご確認ください。

現地調査 ~ 正式契約

現地調査~正式契約複数の業者の中からある程度選定をして業者を確定します。その後、現地調査をしてシミュレーションを行い、どのメーカーのシステムを導入するかなど、最終的に確定をして、納得がいけば正式契約となります。

ここまでのやり取りが、迅速に行えたとして 数日から 1週間程度 かかると想定されます。

補助金の申請

補助金の申請このタイミングで補助金に関する申請も行うことが多いですが、地方自治団体によっては工事終了後に申請をするケースもございます。

施工業者によっては代理で手続きをしてくれるので、先ずは確認をしてみて下さい。ちなみにですが、フジサービスでは 補助金申請に関するご相談や面倒な書類作成・手続きなどもサポートをしております。

詳しくは関連ページ「補助金について」をご確認ください。

施工

施工いよいよ施工となりますが、ここが実は短い日数で済み、規模にもよりますが一般家庭の家の屋根などであれば 3日 もあれば完了します。

電力会社との電力需給契約

最も時間がかかってしまって避けられないこととして、電力会社との電力需給契約というものがあります。

これが 1ヶ月程度 かかってしまい、契約後に稼働という運びなので工事などが早く済んでも稼働までは少なくとも 1ヶ月 以上かかります。

運転開始まで一般的に 2ヶ月程度を見ておくと良いです

他の作業を余裕をもって行うと 2ヶ月からそれ以上 という期間で運転開始ということになりますから、なにか理由があって急いでいる方は期間に余裕をもった方がいいでしょう。

フジサービスでは、運転開始までの期間を少しでも早く出来ますよう、可能な限りサポートをさせていただきますので、是非ともご相談ください。

  • お問い合わせ
  • お見積り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Fujiservice Co., Ltd. All Right Reserved.